b68e9bc2.

今週の月曜日、久々にサークルのイベントに参加しましたぁその名も、「(恐怖の)秋葉原ツアー」

参加者の中で女の子は私一人だけやった・・・みんなもっと積極的に生きようよ(笑)こんな機会めったにないと思う。普通に生きてたらお目にかかれないものが私を待ってるはず・・・そう感じた私は潔く秋葉原に突進したのでした

駅に着くといきなりオタクはっけーんと言いたいところやけど、秋葉原駅は予想に反して普通で、渋谷よりずっと広々とした小ぎれい空間でした外に出ると、最近OPENしたという秋葉原CrossFieldっちゅうビルが目の前にあって、近代的な感じがしたしちょっと想像とは違うなぁと思ったんよな

しかし・・・それは序章ープロローグーにすぎなかった・・・(笑)

電気街に一歩足を踏み入れると、そこはオタクの楽園 .瓮ネをかけている ▲モイ この二項目を満たす男共のオンパレード

まず入ったのは、「キケン萌えます」と大きく看板を掲げたオタク専門店。萌え系アニメのDVDやらゲームソフトやらを扱った店やったそこは更にオタクだらけで、フロアにひしめいてた・・・当然女の子がいるはずはなく、私はえらい場違いっぷりでした(笑)オタクの皆さんは目が必死やったね欲しいソフトが目に入るなり即手に取る新発売のソフトも欠かさずチェックそれにしてもあの売れようはすごかったわレジの前は長蛇の列で、お客さんは次々来るしきっとオタクが集まれば日本経済を動かせると思う

その次は@HOME○AFE(←伏せる必要はあるのか・・・)へGO一番オーソドックスなメイド喫茶だということで、いよいよ時は来たかと思ったら・・・開店後5分にも関わらず、店の前にはひどい行列もちろんオタク仕方ないから諦めて別のメイド喫茶へ

次の店は、妹系カフェというちょっと趣向の違ったメイド喫茶。妹系の名の通り、店員が全員タメ口で話しかけてきて、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と連呼いやぁ〜あのノリにはついていかれへんかったついていく必要は全くないけど(笑)その店では全員オムライスを注文しただって「メイドさんが落書きしてくれる」んやもんそんな貴重な体験、これを逃したら二度と出来ないみんな思い思いの言葉、あるいは絵を書いてもらいました私はキティちゃんの絵、知名さんはプーさんの絵、たむたむさんは犬の絵、そしててらぴーは・・・「はれんち」てらぴー、あなた何に目覚めたの?(笑)メイドさんは冷静に対応してたけどねそこではメイドさん服も売ってたな、なんと73500円(限定10着)しかし既に2着売れてた・・・やっぱりオタクは金持ちなのか・・・

そんなこんなで秋葉原ツアーは終了メイド喫茶はどこも撮影禁止で、最後に記念にと思って撮ったのが萌えTシャツ

その後は新宿へ戻って、みんなでカラオケに行きましたてらぴーが河村隆一の物真似で歌ってくれたんやで見事汚名返上めっちゃうまかったよ

というわけで、たかおさん主催のイベントは見事成功に終わったのでしたあんな場所が、あんな人たちが日本に存在するなんて、開いた口がふさがらないわ

では次はえいこちゃんお願いしまーす