他大のみんなはもう学校始まっているでしょうが、駒場生は夏休みが残り1週間となってしまいましたね2ヶ月もあった夏休みですが、みんな充実した夏休みを過ごせたかな?僕自身は大学生になって3度目の夏休みにも関わらず、時間の上手な使い方ができずに変にヒマを持て余す日々でした。まぁそれも大学生の特権なんだと思って開き直る今日この頃でございます(・∀・)

 

そんな時間を持て余した夏休みで感じられたのが、サークルの存在感の大きさでした。合宿に始まり、数々のイベントや日々の練習、そしてそのアフターとFreeDで過ごした時間は結構な量になったと思います。またこの春にサークルに入った1年生も、夏休みを通じてFreeDやダンスを好きになってくれたと信じてマス帰省とかでサークル来れなかった人は10月からの公演の練習を通じてまた仲良くなりたいですね

 

さて、昨日は夏休みの公演練習の総決算として中間発表をしました。多少人数の揃いが悪いMがあったり、完成度もまだまだだったり、発表として成り立っていなかったというのが、正直な感想です。しかしながら、ビデオを撮ったおかげで、収穫はたくさんありました。自分の担当するMの振りや構成について、そして何より自分のダンスについてです。10月の練習に向けた自分自身の課題が定まりました。ゲームMの人はバシバシ鍛えるので覚悟しておいてください

 

そして1年生のみんなにも、今の段階での各自の課題が何なのかを見つけてもらいたいです。たとえば、鏡を見て踊れない人は鏡を見れるようになること、踊る時に肩にチカラが入っちゃう人は肩の力を抜いて踊れるようになること、などです。もしも課題が何か分からないという人は、遠慮せずに上級生の人に聞いてみてください。各々が毎回課題を意識して練習することで、上達の速度は速くなるはずです。というか、課題が何なのかを分からずにただ踊っていても、うまくなれるはずがありません

 

2年生のみんなは中間発表してみてどうだったかな?感想を聞きたいです。

 

このように、夏休みがもう1ヶ月くらい欲しいよ的な思いをした中間発表でしたが、この経験をエネルギーにして、あと2ヶ月頑張りましょう。出てよかったと1年生に思わせるステージを2年生以上で協力してまとめていくので、1年生のみんなはついてきて下さい

 

つぎはてらぴーの投稿です。