‪こんにちは!‬

‪更新が遅くなってしまってすみません…18期のあべです!ガールズに出ていますがメンズです!‬


‪土曜日のりんださんMにも出ているのですが一時期、あのむらさんに似ていると言われていました。今はサカナクションの山口一郎に似ていると言われています。前髪のせいでしょうか…( ˙◊︎˙◞︎)◞︎‬



‪本番は前髪をあげようか悩んでいます…‬



‪そろそろ本番が近い公演についてですが、ジャズとロックと非正規ガールズに出ています。‬


‪ガールズ、1女が1人もいないのに1男がふたりも出てしまってなんとも言えませんが僕たちはJさんを目指して日々練習中です!‬

‪というのは冗談で、新歓期当初はアイドルとガールズに出たかったのです‬
‪じつはまさを巻き添えにして、体験練習のみつきさんチャレンジにも行ってます!‬



‪アイドルMは女子しか出られないと聞き非常に残念ですが断念しました。‬

‪でもガールズは出ることができて嬉しいです!‬


‪でもコミュ障で女子と喋ることができないので困っています…‬












‪なんてね‬








‪17期のさとあやです。‬
‪上の文章はテキトーですが9割8分真実です‬
‪Jさんを目指しているかどうかだけ定かではありません。‬



‪くのさんにバトンを回されてから早6ヶ月、、‬


‪先日公演前にやり残したことないかな〜と考えていたところふと思い出してしまったので書くことにしました。‬

‪二年生でもらったバトン二年生のうちに…‬


‪するとバトンがJさんによって葬り去られていたことが発覚しました。‬
‪なんかもう書かなくてよいのでは?という天使の囁きが聞こえてきました。‬


‪しかしあの偉大なる大天使 くのさんとの約束を裏切れるわけがないので消えたバトンを錬成し直すことにしました。‬

‪錬金術師もさぞかしたまげることでしょう。‬








‪あ、やめて足持って行かないで‬






‪さてさて、前回何書いたかなーと思って開いたところ長すぎて読むのを諦めました。‬

‪1年前くらいか、、1年前?!‬




と、前置きが長々としてしまいましたが


‪最近あった不思議体験を書くことにします。キャラのせいか普段から不思議体験が多すぎて厳選しきれませんが二本立てでお送りします‬

‪こんな時期にこんな身内ネタを読む人がもしいるならば時間を無駄にする覚悟で読んでくださいね、言ったからね

‪※思い立った日からメモに書き溜めてたので別に公演直前のこの時期にめっちゃ時間かけてるわけじゃないです、、、決して授業中に書き溜めていたなど、、、‬



‪不思議体験(有志による)深夜練の巻‬


‪ある日の電車内‬


‪さとあや「本当にメンパ(※公演OPメンズパート)深夜練するんですね〜大変ですね〜」‬

‪某Mさん「明日だよ、くる?」‬

‪さとあや「(メンズってなんだっけ)」‬

‪某Mさん「メンパはすぐ終わるよ、遺産相続会だよ」‬

‪さとあや「??フロアの練習しようとちょうど自分でもスタジオ取ろうとしてて、、」‬

‪某Mさん「お前絶対寝るやん、来い」‬

‪さとあや「……しかしメンズの集会…」‬

‪某Mさん「お前は来い」‬


‪※登場する某Mさんは複数人‬
‪※遺産相続会:3男が下の代のメンズに各Mだったりダンスのことだったりを教える会(らしい)‬


‪半分他人事に思っていた翌日、大天使くのさんに「今日深夜練なんだね〜」と声をかけられました。‬

‪聞くところによるとメンズラインで、わたしの知らないところで、出席の連絡がすでに入っていたらしいです。たまげた‬


‪と、せっかく補修練(?)組んでくれると言うので5割の「まじかよ」と5割の「問題児の面倒見てくれるのにないがしろにするのもなぁ」と10割の「練習しないと死ぬ」という思いで行きました。200%‬


‪ブッコロリー「お前とうとう男になったのか」‬

‪A.野菜め‬


‪としさん「千円ちょうだい」‬

‪A.(払ったっけな)‬



‪ちゃっかりみきおさんMの補修練も開催され、たいちゃんに振りがしっかりと入りました。‬

‪膝神さとあやはジャンプとフロアを練習しました。膝痛いです。‬


‪メンズはもちろんメンズパート頑張っていたので公演ではその成果を感じてもらえると良いかもしれません‬

‪(後日風の噂で聞いたところ、あいつはくるべきと前々から言われていたらしく、、、面目無い、、、)‬





‪不思議体験逃亡蟹の巻‬



‪2017年11月29日‬

‪いい肉の日の出来事であった。‬


‪「蟹が逃げた」‬



‪ラインに投下されたその不穏な一言から事件は始まったのであった……‬



‪良い肉の日にカニ鍋をしようとしたのが間違いだったのだろうか。‬
‪ ‬

‪蟹を取りにいく隊の隊員である 17期エマ、16期MKO、16期トシキ が 戦地へ到着した直後のことである。‬

‪(※↑敬称略)‬


‪その日届くはずの蟹が‬

‪宅配ボックスから忽然と姿を眩ましてしまっていたのだった。‬



‪第1章 -蟹の逃亡‬


‪……‬

‪……まあクール便は宅配ボックスに届けることができないことをもっと早くだれか気づくべきではありましたね‬


‪残っていたのは再配達のお知らせだけだったようで、みっきーさんは3回くらい「蟹が逃げた」とラインで繰り返したそうな。‬

‪蟹鍋だった予定のみきおMアフター@モアイさん宅 は、良い肉の日に順じてすき焼きになりました。世間には従っておくものですね。‬


‪買い物を終えネギをそのまま両手に持つJさんはポケモンのカモネギを彷彿とさせる姿だったんだとか‬

‪ネギが最初に必要なのに消えるJさんの話は割愛しましょう‬


‪なんやかんやですき焼きを作り、美味しく食べましたが〆を食べようとしたときのことです‬


‪大量の うどん が現れるではありませんか‬

‪さらに 追加される餅‬

‪なぜか炊かれる白米(この後モアイさんの朝食に)‬



‪餅検定一級のJさん、餅がちょうど良い頃合いになったころに救うことに熱を注いでいました。心なしかいつもよりも気性が荒かったです。いくつか底で焦げてたけども‬


‪さて気づいた方もいらっしゃると思います‬

‪みっきーさんMアフターになぜか水曜M裏のまさきさんMの人がいるではありませんか〜〜‬

‪しかも彼は少しだけすき焼きをたべ、大学芋とアイスを美味しそうに頬張り帰った様子。なんて偏食なんだ。‬


‪第2章 -後日談‬


‪「蟹届いた」‬

‪それはモアイさんが投下した一言でした。冷凍庫は数々の冷凍食品が追い出され、蟹で埋め尽くされたようです。‬

‪蟹が届いたと喜ぶメンバーたち‬


‪追い出された冷凍食品は冷蔵庫へ詰め込まれたようです。大丈夫なんでしょうかそれ。‬



‪しかし喜びもつかの間‬



‪「俺のとこにも蟹来たんやけど」‬

‪みっきーさんの一言で混乱するメンバー‬

‪またも追い出された冷凍食品たち‬


‪冷や汗をかくさとあや(蟹注文した当人)‬


‪一体何が起きたのでしょう‬



‪まぁお察しの通り端的にいうとわたしのミスでした。先輩の家に蟹を送りつける後輩、、、‬

‪ということで大量の蟹が、、、‬
‪蟹鍋メンバー募りたいです‬
‪お気軽にご連絡くださいませ‬


‪以下おまけ‬


‪不思議体験J3(じぇーさん)スタンプが承認されて発売された‬
‪たまげた‬
‪しかし幹部代の引退ブログで本人がさらっと宣伝したことの方がたまげた‬




‪不思議体験ご管代が刻一刻と近づいてきている‬

‪嘘だと言って欲しい‬




‪いかがでしたでしょうか。長々と書いてしまいましたが世の中にはこんな不思議なことがあるんですね〜‬




‪それでは本物のあべに再度バトンを渡しましょう〜‬
‪前回よりだいぶ短くかけたやったー‬