たいすけからバトンもらいました、17期たまです。たいすけは気づいたら段違いにダンスが上手くなっていたのにFreeDをとても大切にしてくれている可愛い同期です。新歓ではバチボコにキマッてるナンバーだしてくれてます。

さて、3月に入り駒場は少しずつ暖かくなり、外での練習も捗るようになってきました。世の中では国立大学の受験も終わり、いよいよ新入生を迎える時期が近づいています。今年の東大の受験問題は英語の傾向が変わりすぎて大変だったようなので、知のプロフェッショナルたり得るタフでグローバルな19期を迎えられそうで楽しみです。

タフでグローバルといえば、前回の練習で留学生の方が、練習に参加したいという旨をたまたま部屋から出てきた私に英語で話しかけてくださいました。拙い私の英語力では新歓制度について詳しくお伝えすることはできず、1年ほどカナダでフラフラしていたさっつんのヘルプにより事なきを得ました。たしかにダンスしたい留学生の方どうしてるんですかね、やっぱEn dance studio とか行くんですかね。レッスンいつも1/4は外国の方でちょっとした留学みたいになってますもん


話はかわり、先日新歓ライブに向けての合宿に行ってきました。所謂大学生の合宿と異なり、お酒も飲まず、宴会もなく、まるまる2日間ちょいひたすらに踊っているわけですが、それはそれは楽しい時間でした。私はド理系イキリオタクとR&B hiphop というジャンルのダンスを作っています。中高創作ダンス部でジャズダンスに近い踊りをやっており、ストリートのMをだすつもりは全くなかったのですが、ある作品でお世話になっためちゃくちゃかっこいいひげのおじさんに作ってみたら?と適当に言われたのをきっかけに作り続けている次第です。obogイベントでみたその方は貫禄がましていらっしゃり、わたしにそんなことを言ったことは忘れていることと思います。先輩の適当なひとことって意外と後輩に影響与えるから気をつけなきゃいけないですね。

次のブログはFreeDイベ参という新しい概念を打ち立ててくれたざわくんにお願いしたいと思います。