FreeD members' リレー日記

FreeDメンバーによるリレー形式の日記です☆1日1人の更新目指していきましょう!!

カテゴリ: ◇◇12期◇◇

12期のりりこです。
誰?ほんとすみません。
こんな記念すべき日に謎のOGのもとにバトンがまわってしまって。
公演?出ていません。
なんなら今日はじめて見ます。
ソウルメイトもえりから頂いた大切なバトンですから、あとは迅速にまわすことが唯一出来る貢献…
がんばります。
今なにをしているかというと、1人八王子に向かっています。
というのも、行きの電車にコートとスヌードを忘れたからです。
ちなみに、センター試験を受けた高3の時は、どの鞄を電車や道端に忘れてもいいように筆箱を7つ持って行きました。
シンプルに頭がおかしいですね。

本当にどうでもいい私事でお茶を濁したところで、公演のお話です。
わたしは25歳にして初めてFreeDの公演を拝見しまして、しかも今まで出ていたからとかではなくここ3年は見に来ることすら叶わなかったパターンです。
つまり、自分が幹部代だったときを最後に全く見れていないという不届き者でして、もう昨日は緊張しながら夜行バスに乗りました。
で、まぁ受付したりなんやかやしたりして夜公演を拝見したわけですが、、、
素晴らしかったですね。
エモofエモすぎて。
もう名前を知ってる子のほうが少ないくらいのOGになってしまったわけですけれども、それでもぐっときたわけだから本当に素敵な舞台だったんだなぁ〜と思います。
まず、純粋に踊りが上手で凄いというのが第一にあって、これはもう昨今のFreeDでは言うまでもないことなんでしょうけど、でも私は本当に凄いと思いました。(頭の悪い文章)
どんな世界であっても、上手ということは正義だから、最高に素晴らしいです。尊敬しかない。
でも、やっぱり何より皆の想いや関係性が踊りの行間から見えることに涙が出ました。
1つ1つのナンバーはたった数分ですけど、その数分のためにこの半年間(そしてその基盤を作るための数年間)沢山の時間、労力、心を割いて、一緒に頑張ってきたんだろうなぁ〜。と。
センターで一番強いスポット浴びて輝いてたあなたも、一番後ろの端っこで誰よりも笑顔だった君も、みんなみんな目に焼き付けた!!!!
とっても素敵な舞台をありがとう。
この公演でFreeDを引退する16期のみんな、本当にお疲れさまでした。
あとは、もしかすると(引退じゃないけど)もうダンスはいいかな、と思ってる子もいるのかもしれません。
わたしはOGになって4年目?ですけど、毎度毎度思います。(特にFreeD界隈で踊ることに関しては)
何年やってもダンスは難しいし、何かしら自分の生活(勉強とか仕事とか)と両立するのはしんどいし、別に誰から課されてる訳でもないのに何と闘ってるんだろうとか思ったりするけれど、やっぱりダンスをするから/ステージに立つから会える人、見える景色があるんですよね。
だから、程度はさておき、これからも人生の一部にダンスがあるといいかもよ〜というのが老害の遺言です。
人生の色んな局面や心の状態で、ダンスと距離を置くことはあると思うけど、何かの拍子に手に取れるくらいのところに置いておくことをおすすめします(しばらくFreeDに出てなかったけど、3年Mだけ出るとか←急に具体的)(OBOGでも意外とそういうチャンスがあるよ)
FreeDは、そう思わせてくれるような温かい場なので。
ダンスってとても辛いけど最高に楽しいよね〜〜!!!!と私が今でも思えるのは、FreeDのおかげです。
だから、公演で見た素敵な素敵なみなさんと、いつかどこかで一緒に踊れたら幸せだな〜!!!

はい!というわけで、すみません例によって夜行バスの消灯のせいで朝になってしまいました申し訳ありません。
今日からOG☆の16期部長りな に回します〜〜!!!!
1回しか一緒に踊ったことが無い私ですら分かるくらい、ダンスが上手い!笑顔が最高!人当たりも面倒見も良い!演技も上手かった!!!!(昨日判明)なスーパーガールですね!!!
よろしくどうぞ!!!!

IMG_1056

すみません、今起きました。

12期のおだひです。



いやーいよいよ公演ですね。

すばらしい幹部代とそれを支える実力のある個性豊かな1,2年生と陽気なOBOGで素敵な公演になること間違いなしです!

今年はチケットの売れ行きがとても良いという噂を聞いてますが、皆さんちゃんとチケット入手できてますかね?

皆の努力の成果をたくさんの人に見てもらえるのはうれしいことだな〜と思っています。

ダンスとストーリーはもちろん、今年はクラウドファンディングで作った衣装、舞台上で存在感を放つ小道具なんかも見どころですね〜



個人的には7回目の公演です!

まさきが書いていたように、今回私は

「何やってんだこいつら」感を出しつつなんだかんだバカ

の役を頂いています。

何を隠そう私は2年前にもバカの役をやっていて、当時は

1等賞バカ

だったんです。

そのころの私はOBOGになったばかりで、元気があったのでしょう。

今ではそのころのフレッシュさは見る影もなく、OBOGのOBOGと言われ、お母さんポジと言われ。。。。

年季の入ったバカの演技を皆さんにお見せできるよう、役作りに日々励んでいます。

あと、ここ数年私はバカの役と死ぬ役を隔年でやっていて、来年は死ぬ年なので、公演が終わり次第次の役作りを始めようと思っています。


この通り私は本当に支離滅裂な文章しかかけないので、ここらで終わりにします。

最後に一つだけ言いたい。

adventブログ、毎年更新する人変わってなくない?

まことさんにバトン投げちゃいまーすっていうやつもう5年はやってない?

OBOGの昔話より本番前の現役生の熱い想いを見たくない?

というわけで、公演に向けて気合い入ってるせーしんに回しまーす!!!!

おはようございます。7女(!!)で12期のふみなです。7女(^o^)
17, 18期の皆さんはきっとほぼ初めましてですね。16期は半分くらい?

ここ数日のむらさん、まことさん、りっきーさんの流れで え、私??って全力でびびってますが、ユーモアセンスないなりにさらっと書き逃げして、しゅっと次に回したいと思います!

まずは軽く自己紹介。
ふみなです。12期です。DNにMを出してるおだひさんの同期です!
4月から社会人になりまして。メーカーの技術職社員として横浜で働いてます。(とはいいつつ、まだただの給料泥棒)

大学生活の思い出はほぼFreeDだし、OGになっても院生になってもなかなか離れられず、一昨年まではがっつり各イベントに参加させてもらっていたような気がします。どうもありがとうございました。
だから16期までの子の名前はたぶん割と大体わかる…はず!

こんな人間です!

さて、私の前にブログを書いていらしたお三方、もちろん私が1年生の頃からずっとFreeDを引っ張ってくださってた方々なのですが……

当時、4, 5年生のOBOGさんがサークルに関わってくださっているイメージで、それ以上の方はあまりお見かけしませんでした。
で、その頃の5女さんがりっきーさん、4男がまことさん、3男(部長)がむらさんです!

初めてのDNでりっきーさんM(Girls')に参加させてもらっていた1年生の私にとって、大先輩のM責さん・スーパージャザーまことさん・部長むらさんは雲の上の存在だったわけです。

そして今でも上を見上げればそんな方々が FreeDにいらして、しかも一緒に踊れるってすごいなーしあわせだなーホームカミングデーっていいなーと、このブログを書きながら思いました!

(次の予定の時間が迫ってきて焦ってます)

思い返せばOGになりたての4年生の頃、何も迷うことなく新歓・DN・公演に出ていました。
5年生の時も、ちょっと迷いつつも全部出演してたし、なんならMもつくっていました。でも同期はちょっとずつ少なくなっていきました。
6年生になると、一気にアウェー感を感じるようになりました。なにせ一緒に現役をしていた世代がみんなOBOG…同期も全然いない…ってことで、新歓ライブと公演は観客になりました。

現役の頃は、「OBOGさんの力を借りたいし、どんどんサークルにいらしてください!」って思ってたけど、実際自分がOGになると、時間も体力も気持ちも、サークルに関わるのって難しくなるんだなって!過去にあれほど"でないでない詐欺"をしていた私も思います笑

きっと同じように感じてきたひと、多いはず!

焦りすぎて支離滅裂になってきましたが、何が言いたいかというと……

そんな風に感じてるOGでも、気軽にまた踊りにFreeDに帰ってこられるホームカミングデーってすばらしい*\(^o^)/*

今日、とっても楽しみにしてます!!わーーい!

時間がきたのでおしまい!
以上、FreeD離れできたのか微妙なラインにいる12期ふみなでした!

次は誰かいいだろう。
違う期で、更新間に合うかわからないけど今日来る人?で、面白くなんとかしてくれそうな……あらたさん!

雑な振りでごめんですが、よろしくお願いしまーす!

こんばんは6男のえーごです。
5男のあらたくんが前回のブログ内でまみこにバトンを回していますが、
なぜか名前を3文字間違えていたようで、
今朝5男のかなたくんから、
「えーごさん、ねえ、えーごさん」
というラインが来たため、今こうしてパソコンと対峙している次第であります。

もう6男にまでなって現役生のブログに登場するのは
正直恥ずかしい気持ちなのですが、
せっかくなので先日行われたFreeD第10回自主公演「王国に揺れる花」の
OBOGM深夜練の様子を綴っていこうと思います。

OBOGMは、5男のあらたくんが振付を行っている、
4年生以上のOBOGが出演するナンバーです。
物語の中でも重要なポイントとなるナンバーなので、
メンバー一同、かなり気を引き締めて深夜練に臨みました。

スタジオに到着してまずは、
「今日のおだひはめっちゃ調子いい」と思いました。
詳しく話を聞いてみると、練習前にファンタスティックビーストを観てきたようです。

深夜練の開幕を告げるのは、5男のあつきくんによるストレッチです。
「僕久しぶりなんでけっこう忘れてますよ〜」と
不安げなあつきくんでしたが、本当にびっくりするくらい忘れていました。
混乱したあつきくんは、
「右脚だけ開いて背中から親指出して〜」
という全くイメージの湧かない指示を出していました。

さて、しっかり身体を伸ばした後、いよいよ練習に入ります。
今回のナンバーは男女でパートが大きく分かれるため、
基本的には男女別々の練習になりました。

僕は男なので、男パートでした。

男パートには「バタフライジャンプ」という技が入ります。
これは、地面の方を向いた状態で身体を反らせながら跳び、
「結婚しよう!」と叫ぶ技です。

この技がきれいに決まるかどうかが、
このナンバーの一つの評価の分かれ目です。
男メンバーはその練習に励みました。

いい感じに跳ぶものの、「結婚しよう!」がなかなか言えないむらさん。
「結婚しよう!」と大きく叫ぶものの、パフォーマンスがついてこないゆきちくん。
「結婚したい!」と違う言葉を叫んでしまうもにおくん。

各々が課題を抱えながらも、最終的には何も叫ばないことにすることで、
全員が安定したジャンプを見せられるようになりました。

むらさんは4年前の新歓ライブのゲネでかとこーさんの鼻をへし折った過去があるので、
危険な技には人一倍気を使っていることでしょう。
(当時かとこーさんは、その後の打ち上げで「鼻は折らない方がいいよ」と言っていました。)


女パートはみんなで列になってくるくる回っていました。
その光景はさながら体育の体操の授業でした。
隣の体育館でマットと戯れる女子生徒たちを一目でいいから見に行きたい、
そんな気持ちを押し殺して畳の上で受け身を繰り返していた、
15の頃の青い自分を思い出しました。

そんなこんなで技の練習はおしまい。
少し難しめの技に挑戦している点も、
OBOGMの注目すベき点かと思います。

その後は、男女揃っての振りの確認です。
最低でも4年間の付き合いがあるメンバーたち、その息はぴったりです。
ただ、僕は今回初めて共演するメンバーもいました。

4女のせんちゃんです。
ジャズに出ることが多いせんちゃんとストリートに出ることが多い僕は、
運悪くこれまで同じナンバーになることはありませんでした。
つぶらな美しい瞳が特徴的な彼女ですが、
実際に一緒に練習をしてみると、本当にその瞳には吸い込まれそうになりました。

というか一度吸い込まれました。
朝4時半くらいの出来事です。
不意に彼女と目が合ったとき、急に周りの景色が真っ白になりました。
気付くとあたりには誰もおらず、僕の身体は少しだけ浮いているような感じでした。

何が起きたのか分からず、あたりを見回していると、
遠くから一人の女性が歩いてきました。
その女性の顔を僕は見たことがありませんでしたが、
なぜかその顔を見た僕は、
「ああ、ここはせんちゃんの瞳の中なんだな」と悟ったのです。
その女性は、僕に小さな箱を渡して、目の前からすっと消えていきました。

慌ててその箱を開けると、中には銀色の電子辞書が入っていました。
「ああ、ありがたいな…。」
そう思ったところで急に視界が開け、
気が付くとそこはさっきまでいた深夜練のスタジオでした。

目の前にはかなたがいました。
彼は何か僕に話しかけていましたが、
彼は基本的に何を言っているのか分からないので、
口の中にティッシュを詰め込んでおきました。

あと覚えているのは、
おかぴとリュックサックのブランドが被っていることに気が付き、
二人で微笑み合ったことくらいです。
朝方は体力的にもかなりきつかったですが、
練習のかいあって今回のOBOGMもいい感じになりそうです。

第10回の記念すべき自主公演、
微力ではありますが成功に向けて精一杯頑張ります。
明日からいよいよ小屋入りですね。
悔いのないよう、みんな出し切りましょう!


ちなみに、深夜練翌日の朝、
僕は背中の激痛とともに目が覚めました。
すぐには起き上がれないほどの鋭い痛み。
バタフライジャンプの猛練習が響いたのでしょうか。
もっとストレッチを入念にすべきだったか…?

「だから右脚だけ開いて背中から親指出せばよかったんですよ〜」

そうほくそ笑むあつきくんのしたり顔が、脳裏に浮かびました。


次のバトンは現役生に思い入れ全開の4男もにおくんに渡します。
長文失礼いたしました!

こんばんは!
12期のけいすけです。6男です。月日は百代の過客にして、うんちゃらかんちゃら。

しかしまさか、、、まさかブログが回ってくるとは。。。予想だにしない出来事とはこのことですね。

簡単に自己紹介しておきますと、ぼくは、ブログを回してくれたかなたくんの一個上の代であり、12/15にこのブログを更新していたおだひは、部長副部長(副部長はもう一人ふみなという人もいます)として同じ釜の飯を食った仲であります。
好きな(≠得意)ジャンルはガールズであり、苦手なジャンルはLockです。得意なジャンルはジャズです。しかし今の現役のみんなを見ていると誇れるものではなさそうです。

とりあえず、もう古い人なのです。泣
なぜ、ぼくが今ブログを書く羽目になっているのか。泣
恨むぞたなかかなた。泣 でも酒は今度おごるぞ。泣


何を書くべきか未だ定まりませんし、ツイッターにブログ回ってきたって書いたらふぁぼが結構ついちゃってるので、さらにハードル上がっていますが、サークルに打ち込むべき10の理由、と致したいと思います。


^掬歸青春
これが一番でしょうね。東大生の9割は基本的にガリ勉で、中高時代のほとんどは勉強に費やして、部活でインターハイ行ったりみたいな青春ぽい青春を過ごしてきた輩なんてほぼいないんですが(偏見の塊・自分はそうでした照)、まぁそんなもんはこっから取り戻してあまりあるぞと。
なんならもっとすごいぞと。それはすごいぞと。人生変わるぞと。(いろんな意味で)
一つの舞台を、M単位で、そしてFreeD全体で、作り上げていく高揚感。
アフターや打ち上げや、時々ある諸々の企画、同期との旅行。
たまりません。ぼく自身またやり直したい。

⊇の子かわいい
何番目に書くか本気で迷いました。
が、ここは2番目に書くのがすべての代の女性みなさまに対する誠意であると判断。
女の子がもれなくかわいいです。
みんながかわいくて自分が人生で出会う女の子運のすべてを使い切った気がします。
気になったメンズは来年新歓期の体験サークル来て見てね!!!!(*☻-☻*)
ミスコンに出たり賞取っちゃったりする子もいるとかいないとか。
(ただ、そういう方向性だけにFreeDが進んで行ってしまうのは、一OBとしては悲しいところではあります。広研のみなさま、商売目的でFreeDに接触するのは極力お控えください。)

スタイルよくなります。
ダンスやってるとスタイル改善に効果的です。
巷で話題のなんとかストレッチなんて聞く度鼻で笑ってるんですが、
いや、いつも基礎練とストレッチでやっとるがな、という次第。
ジャズの基礎練やればやるほど、首筋スッキリ、お腹周りスッキリ、細くしなやかな身体の出来上がりでございます。
どうです?そこのアナタもちょっと気になりません??ジャズダンスとやらについて(*☻-☻*)

ぜ意識が良い感じになります。
ダンスは一人で積み重ねる部分と、人と関わりながらやっていく部分とが両輪なんですね。
自分には自分のよさがあるんだけれども、やっぱり他人には他人のよさがあって、されども自分にだって武器はある。
それの組み合わせと、それの日々の研磨でよいものを作っていくわけですね。
それに気がつくと、もっと世界が綺麗に見えたりしたり。
それをわかった上で尚、いろんな方向でがんばりたい人が出て来たりして、いい循環ですよね。

グ貔犬發里涼膣屬できます。
一生ものです。おそらく。笑
同期はもちろん、学年の垣根を超えて、素晴らしいつながりができますね。
今でもご飯に行ったり、飲みに行ったり、なんなら今だにサークルに居座らせてもらって、一緒に踊ったり。笑
自分でも、この人たちのこと好きだなあ〜ってつくづく思います。
先輩の結婚式に参加して、ダンスでパフォーマンスしてお祝いしたりなんかもして、あー最高って感じです。
あーもうみんなで旅行に行きましょ。
それか、ぼくは徳島に実家があるのですが、夏に阿波踊りという県を上げた一大祭りがあるんで、皆さんでぜひお越しください。

Π聞漾100くらいまでかけますが、さすがに真面目すぎるので割愛。


最後に。この間、12/27にあるFreeD公演の通し練を見させていただきました。
どのナンバーも工夫を凝らして、自分なりにダンスを追求して、ストーリーもちゃんと練れていて、現時点でいいものができていたと思います。
ぼくも参加したかった。
むらがまたいくつも出てたり、やまこうがさすがに所在なさげにしてたり、かなたも技のキレ増してるし、せんちゃんが堂々と、でもやっぱりかわいかったり、あーやん足ちょっと長くなった?って感じだったり、まさきが笑顔板についてたり、はなちゃんとはっちの演技がかなり泣かせたり、書ききれないのでここも割愛!!!

今日も通し練が行われているということですので、さらに調子を上げてやってくれてることでしょう!!!!!!!

12/27(火)、府中の森にて上演ですので、奮ってみなさまご観劇ください。


では次こそはあらたくんが書いてくれることでしょう。
さよなら。

5男のかなたくんが千葉から6女のりりこさんに向かって投げたバトンですが、残念ながら大阪までは届かなかったようで横浜の我が家の前に落ちてました。
みんなが、あの、りりこさんのブログを待ち構えているところに出ていくのは非常に荷が重いのですが、公演直前期に最も優先すべきは「体調管理」と「衣装に名前を書くこと」と「ブログの更新スピード」と聞いたので、今週締め切りの論文を放り投げて急ぎブログを書いています。
はい、6女のおだひです。FreeDブログには5年2か月ぶり2度目の登場です。
そんなに面白いことは書かない予定なので、ここで友達の真武君にバトンを渡そうと思います。
きっと爆速で更新してくれると思うので、みんなさっさと「次の記事」を押しましょう。



さて、早いもので私がFreeDに入って6回目の自主公演がもうすぐやってきます。
そこで、これまで私が参加してきたFreeD自主公演を振り返ってみようと思います〜。


1年生の時の第5回自主公演「i」
理想の人生を探して、あかりさん演じる主人公が他人の華やかな人生を体験しながらも、友達の大切さに気付き、最終的にいい感じになる話でした。
当時部長だったむらさんは非常にかっこよく、1年生みんなから尊敬されていました。
もちろん今のむらさんも、みんなから愛されていますけどね!!!!
このころの私はといえば、ジャズダンスというものをよくわかっていなかったので、OPでピルエットをかかとで回っていました。
そんな私が2年後に3年Mでソロ踊っちゃうんだから人生どうなるかわからない。
先輩や同期、ときには後輩にも教えてもらいました。
今の1年生は全員当時の私よりうまいからすごいなあ〜といつも思っています。


2年生の時の第6回自主公演「君を待つ歌」
絶望病が蔓延する世界のなかで兄弟がいろいろ頑張って最終的にいい感じになる話。
これは非常に思い出深い!!できることが増えて、ダンスするのがどんどん楽しくなっている頃でした。
個人的にぜひ注目してほしいところは、発電所Mラストの、かとこーさんソロを少しでも長く見せようという気持ちのこもったおだひの一瞬の起き上がりです。
ぜひスロー再生かコマ送りで見てほしい。
フィールベイベーのところ。
インサイドターンができるようにならないと立ち位置をさげると言われて、くびきりだけをひたすら練習しまくったのも良い思い出です。
頑張って、良い立ち位置や目立つパートをもらうと、楽しいしまた頑張れるよね〜。
成功体験ってほんと大事。みんな認め合って生きていこう。
公演終わった後に新年会で上演した「君を持つ歌」も一生懸命準備しました。
えーごから深夜に曲編の進捗が逐一送られてきたときは涙を流して笑いました。


そして3年生、第7回自主公演「記憶の部屋」
自分の人生に楽しい記憶なんてなかったと思っている少女がいろいろあって最終的にいい感じになる話です。
やっぱり幹部代は大変でしたね!
大変すぎてあまり記憶がありません!
着替えが大変だった記憶とあーやんの足が短かった記憶だけうっすらとあります。
ワンピースを脱ぐ暇がなくて、ワンピースの上からぐしゃっとヒップホップの衣装を着てました。
しわになりにくい布で作っといてよかった〜!
当時のadventブログからもわかるように、サークルは非常に活気があって楽しい雰囲気だったので、大変だったけど楽しかった気がします。
もし今、先輩や同期が頑張っているけど自分は何をしたらいいんだろうと思っている現役生がいたら、笑顔でサークルに参加していればいいと思います!
そしてなによりブログが回ってきたら速攻で書くことが大事です。
忙しそうな人にバトンが回って滞っていたら代わりに奪って更新するといいと思います。


次にOBになって、第8回自主公演「華と旅人」
れいちゃんとあらたが旅していい感じになる話でした。
OPがすごかった!初めて見たときびっくりしたな〜
かびんとかあやとあらたが同じ代に存在するなんてすごい代だなあと思っています。
かあやは最近ディズニーにいっぱい行っているようで写真をこっそり楽しく見ています。
OBOGMで、私は一等賞バカの役だったのですが本当に演じていて楽しかったです。
また全員バカのMがあったら出たい。
OBOGMの練習では、主に木材を切ったり、釘をうったり、鏡に向かって変な顔をする練習をしたりしていました。


第9回自主公演「@wonder_land」
これは結構難しい話でしたね。でも最後にはいい感じになってた気がします。
衣装がみんな素晴らしかった。マーメイドがかわいかった。
私は機会をもらえて、アホの商人たちのヒップホップのMを作りました。
トッポはマフラーを頭に巻いて、野菜生活と数学の教科書を売りつけようとしていました。意味がわかりません。


そして今年は記念すべき第10回自主公演「王国に揺れる花」
前回の通し練に出られなかったので全貌はまだ見えていませんが、きっと今までの傾向から推理すると結局いい感じになる話だと思います。
きっとFreeDの歴史を変えるような素晴らしい公演になることは間違いないでしょう。
たくさんの人に見に来てもらえると嬉しいですね!
OBOGも現役生に負けないように頑張っています。
現役を退いた我々は、日々落ちていく筋肉とその代わりに増えていく脂肪を見つめながら、仕事や研究ですり減った精神に鞭打って、土曜日の朝から日曜の夜まで、月曜の恐怖におびえながら、時々寝坊したり結婚式に出席したり終わらない仕事を抱えたりしながら、必死に練習しています。

それではこのへんで。こんなところまで読んだ暇なあなたの明日は充実していますように。

87ac0112.jpgこんばんは。公演M紹介第5弾です!今回はおだひMを紹介します!
おだひの友達のえーごです!よろしくお願いします。

公演おだひMのジャンルはヒップホップ!
そこでまずは「ヒップホップ」について、
続いて「おだひ」について簡単に説明しようかと思います。

「ヒップホップ」は、英語で表記すると“hip hop”!
“hip”は「腰」、“hop”は「片足で跳ぶ」とかそんな感じの意味らしいです。
そう、「ヒップホップ」とは腰を思い切り使って片足で跳ぶ動作のことを言います。
ダンスにあまり親しみのない方は少し想像しにくい動作かもしれませんが、
これが「ヒップホップ」です。
僕もはじめは腰を思い切り使って片足で跳ぶことがなかなかできず、
師匠のおだひからは
「まだ脚だけで跳んでる。これまで何やってきたの?」
とよく罵倒されたものです。
そんな僕でも地道な練習を重ね、今では腰を思い切り使って片足で13m跳ぶことができるようになりました。この記録が公認され、この度
「全国ヒップホップ選手権南関東大会〜お前ら、腰を思い切り使って片足で跳べよな〜」
に出場させていただくことになりましたが、ここでは割愛させていただきますね。

というのは冗談で、ヒップホップとは、身体をリズムに乗せながらオラオラかっこつける感じのダンスのジャンルです。
街でダボダボの服を着て髪を編み込んでる色黒の男を見かけたら、
その人は高確率でヒップホップをやっています。
ヒップホップをやっていないとしたら、
多分そういうスタイルのオシャレをしている人です。でも多分親孝行ないい人です。

ジャズダンスサークルであるFreeDではそれほど人口の多くないジャンルではありますが、
根強い人気を誇って自主公演や学園祭でも定番のジャンルとなっています!
ヒップホップはとにかく「カッコいい」ことが至上命題(持論)!
各メンバーは美容整形も覚悟です。
というのは冗談で、ダンスで「カッコいい」姿をお客様に届けることを目指しています!
あと、楽しそうな感じもお届けできればいいですね!

次に、このナンバーを作ってくれる「おだひ」について説明したいと思います。
「おだひ」とは一見ただの無規則な文字列に見えますが、人の名前です!
僕の同期であるFreeD5年生のおだひちゃんなのです。
彼女はなんと、2年前にはFreeDの部長に君臨していた女です。
普段は「幸せになりたい」とか「いも類が食べたい」とかしか言いませんが、
ヒップホップを躍らせるとほんとにものすごくカッコいいです。
彼女の魅力は何と言ってもそのダイナミックかつしなやかな踊りと、人間味です。
特にその人間味には目を見張るものがあり、
いくら塩やら醤油やらをかけても人間の味しかしません。
メンバー全員、そんな魅力溢れるおだひさんに最後までついていきます!

さて、そんなヒップホップナンバーおだひMですが、
本当に老若男女多種多様なメンバーが揃っています!
下は1年生から上はなんと9年生までと、軽く法外なメンバー構成となっています!
ステージを見ている方はぜひ、
「あ、この人は若々しいから1年生かな!?」
「あ、この人はちょっと貫禄があるから9年生かな!?」
「あ、この人は髪を編み込んでるから親孝行かな!?」
といった想像も膨らませつつ楽しんでいただければ幸いです!

現在練習真っ最中!
みんなで密集してリズムをとったり鍋を食べたりして頑張っています。
そんなおだひMにぜひぜひご期待ください。

写真には写っていないメンバーもまだまだいます!


続いての公演リレーブログはあずりなM!ナイスコンビでございます。
よろしくおねがいします!

こんにちは。
きまみです。


きららさん(中央線の友)から回ってきたのに書くのをすっかり忘れ、
Twitter上で2回も催促されてようやく書いてます、
12代のレアキャラきまみです。
(1年生知ってるかな、、、;;?)


そもそもこのブログこんなにハイペースで回ってると思わなかったんです
(サーセン)
「きらら〜ん止めてごめんね〜」なんて思ってたら
なんとかわいい1年生が先に進めていてくれていたではありませんか!
申し訳ないいいい
本当に本当にかわいい1女が書いてたところ
横入りして申し訳なさ過ぎな気分でいっぱいなのですが
生暖かい目で見守ってくれるとうれしいでつ!


というわけで、
1年生はそもそも「きまみって誰()」って感じだと思うんですけど
一応12代です!
新歓と駒祭には出てましたん^ω^
「でも公演いなかったじゃん!!!」
…そうなんです公演は出てなかったんです泣
(いろいろと←割愛 忙しくて泣)


しかし本番は2回とも見たんですね!☆
昼の部しか行かないはずだったのに
あまりに素晴らしすぎて夜の部も見てしまいました!
(ど真ん中でコールしまくってたの私です。うるさくしてすみませんでした。)

いやーーーもうダンスの素敵さはもちろんのこと、
ストーリーの緻密さや
みんなの演技の素晴らしさなど、
感動ポイントは数えきれないくらいありました!!
きまみは一応メーリスにも12代のライングループにも入ってるんで
どんな感じの話なのか、一応予備知識はあったのですが、
…知ってるのと実際見るのとでは大きな違いですね!!!
おだひ女優になれるよ!!ガチで!!!
ほたるの墓でも泣かない私が危うく泣きそうになりましたよ、、、


ステージの素晴らしさに対する感動と、
同じステージに立てたらどれだけ良かったか、っていう後悔とが
入り交じった想いで客席から眺めておりました。


終わったあとのみんな、本当に良い顔してたよ!!
最後の写真撮影写らせていただいたばかりか
なんとお花までいただいてしまって、、、
感無量とはこのことだね!!
いつも温かく迎えてくれるFreeDのみんなが大好きだよーーー!


どうかこれからも仲良くしてもらえると嬉しいです
(もちろん1年生もこれから仲良くしてもらえると嬉しい^ω^)
興味を持った人はついったーをフォローしてみよう
(無意義なことしかつぶやきませんごめんね)


はーーーーーめちゃくちゃ急いで書いたんで
おもしろくなくてごめんんんんんって感じなんですけど、
とりあえず更新しました!はい!!!!

というわけで1女に戻しますお
Bye☆

あけましておめでとうございます

そんなサブカル女子とご紹介に預かりましても、
サブカルとはなんぞやよく分からん次第なので、
どうぞお手柔らかに。
公演明けて無事OGになりました、きららです、本名です。

公演終わってから二発目のブログなんですね、
どうも、書きづらい苦笑

いやー公演前は大変でしたね、
表には出さないように気をつけていましたが、
(もれていたようですが笑)
今年関わった舞台のなかでも一番の焦りと活動量でした
(だって寝る時間なかったもん ω )

でもそんな経験だって、公演が終わってしまえばいい思い出
まあ最後の最後で感動とかで泣けないタイプなので

楽の公演でも、
関わっていたストーリーはお客さんに伝わっているのか?
Q出しは上手くいって照明が、映像が、曲出しが問題なくいっているのか?
はや着替えは間に合っているのか?
衣装は作品のイメージに寄り添っているのか?
各ナンバーの振り付けは構成は、ダンサーの技量は見せられるものなのか?
曲編は違和感のないものになっているか?
カウント、演技うまくいっているのか?
渡したファイルは間違っていなかったか?

なにより、自分の衣装とダンスの練習、バミリ確認は間に合っているのか?
次どんな情景を心に思い浮かべればよいのかしら?
お客さんに何を伝えたいんだっけ?

書き出せばキリがありません
いろんなことが頭をぐるぐる

幹部代の最後のナンバーを踊りきったあとは
ひたすらスッキリした顔をしていたと思います

だって感傷とか達成感とか涙とか
本来は浮かんでくるはずのものがなかったんですもの。

でもとても精一杯できることは不器用なりに出来たんだと思います
もっとよいやり方はあったのかも知れませんが、
ストーリー、映像、曲編、衣装と口を出していた中で
ダンスの練習ができなかったことと、
後輩たちに気を配ったり本番の心構えとか伝えそびれたこと、
この二点にはちょっと反省していますが…

はじめて本番で2回も3回転キメター やったー!!!

という単純な自分もいます笑

自分ひとりじゃどうにもならなかったこと
FreeDの同期はじめ、先輩、後輩、しげさん
家族、学科の友達、、、
いろんな人がいろんな形で私を支えてくれてやっとできました
ありがとうございます o^^o
よかったよかった

一年前にFreeDやめたかったのが嘘のようですね笑
ちょっと長くなってきたんでここらで終わりましょう
ぜんぜん面白くない文章で御免なさいませ
今年は就活で私もダンス自体から少し離れることになりますが、
各イベントは隙を見つけて見に行きたいと思っています。

おつぎは中央線の会でおなじみ
きまみーる!書いてくれるかなー?

2014年の記念すべき一発目!
どかん。
今日の担当はOGなりたてほやほや3女?のあーげです。
みきにゃんからのパス、ちょっとハードル高いですね。困った困った!(°_°)(°_°)
ボキャブラリーのなさがばれてしまうことは間違いない。しかし、恐れず書きます(°_°)ーー!

さて、なぜこんなに書くのが遅くなったかというと、
12月25日の余韻に浸りまくっていたからです。ずるずるずる、、、。
2013年のクリスマスは、
とても長くて、でもあっという間であったかくて私にとっては特別な日でした。

その日はなんの日かというと、
FreeDの自主公演「記憶の部屋」
本番の日だったんです(*^o^*)

クリスマスにダンス公演?!
と思うかもしれませんが、
それはそれは素敵な公演でした。自画自賛!

FreeDの公演はダンスナンバーとナンバーの間につなぎがあって一続きの物語になっている形なのです。
だから、ダンスの練習はもちろん、つなぎの練習も大事!
結構、これがハードです。
さっきまで少女を演じていたと思ったらガツガツのhiphoperに変身したり。
少年だった子が星屑jazzerになったり。

この切り替えはなかなか真似できない技です。
舞台袖から見ていて、すげーー!!!すげー!と一毎回ひとり脳内で興奮していました\(^o^)/



私自身は、今年は出演者でありながら、少し裏方ポジションもやらせてもらえたおかげて、こういうFreeDancersの隠れたドラマみたいなもの
がチラホラ見えて
改めて、この仲間と一緒に
同じステージに立てて
幸せだなー
FreeDいいなぁー
と思わずにはいられませんでした。


このたった一日のために、
幹部代、2年生、1年生、OBOGさん
それぞれが自分のできることを
全力でギリギリまで頑張っていて、
最後にはそれがちゃんと形になって。

スキル的にはプロには到底かなわないけれど、
FreeDancersの一瞬にかける熱量というのは、プロにも負けないものがあると、
ステージに立つたびに
(勝手に)思ってしまいます(*^^*)

いやぁ、ダンスっていいなぁー。
FreeDっていいなぁー。
2014年も
パッション全開のFreeDancers
をよろしくお願いします\(^o^)/!

次のステージに向けて、
もうそろそろ練習スタートです。
わくわく。
(あげさん、個人的にはどきどきハラハラですがw

暖かい春、待ち遠しいです!


まとまりなくなってきたところで、笑
次のパスを回しますー\(^o^)/
現役生の頃からなぜかOGの貫禄(FreeDのお母さん)、タスクに追われながらもTwitter更新は怠らない、映像、ダンス、音楽、なんでもござれのおしゃれサブカル女子(笑
3女のきららーん☆です!!!よろしく!

このページのトップヘ